ヘッダー

どれくらいの時間で強制決済となるのが相場なのか

強制決済とは、トレーダーの意思にかかわらず、取引会社のルールに従ってポジションが閉じられることを指します。
その方法は色々あって、例えば、損失の大きいポジションから順に閉じられることもありますし、これが更に他にも全てのポジションが閉じられることもあります。
ここでの間違えてはいけないルールは取引会社によって異なっていますから、ここでは取り引きをする前に確認しておくことは必要だと考えられます。

強制決済になるとどうなるのか

強制決済が行われる前に追証が発生しますが、これはどういったものかというとどうでしょうか。 やはり証拠金が不足していることを伝えるためのもので、ここでは不足している分を入金するように促すことを指します。 そして、もしも時間までに入金しなかった場合に、自然と必然的にポジションが閉じられます。 通常はここで入金をすれば、証拠金が維持できる限りは、ポジションを持ち続けることができますから、このような強制決済は影響で考えると分かりやすいです

強制決済にならないようにタイミングを計る

具体的にはどの水準で追証が発生するのかというと現在のところ、強制決済は個人投資家がfxの取り引きをこれからするときには、25倍までにこの数字が規制されています。 ですから、どのような取引会社であってもfxの取り引きをする限りは25倍を超えることは、ここではできません。
理由というのは、実質証拠金に対するポジションの大きさです。
実質証拠金とは、証拠金の金額から含み損を差し引き、含み益を追加したものを指します。 ですから、例えば最初に120万円の証拠金を入金してドル円を買いです。 そして含み損が20万円分がここで発生しています。 これが1ドル=100円のときに25万ドルのポジションを持っていれば値は25倍となります。 この状態で数値が25倍ですから、この時間で追証が発生する事になります。 もしもこの時点で入金しなければ有無を言わずにポジションは閉じられます。 その後に予想通りに相場が動いたとしても、この時点でポジションが閉じられます。 これが将来的にもその後に利益を得ると言うことはできません。 予想が当たっていても、維持的にどうしても高くなってしまうことによって強制決済で収益機会の時間を失うことになります。

強制決済でも最大でも25倍までしかかけることはできません。


ペナルティと強制決済でなったその後の流れ

日本の個人投資家は影響については契約によって定めることになりますから、取引会社によっても差があり異なります。 また、それは契約内容によっても異なっていると言えるでしょう。 例えば、これを10倍までと制限して口座開設をできる場合もあります。
率が10倍と定められていれば、数値が10倍を超えた時点で追証が発生し、これに応じなければ強制決済が行われることになります。
追証が発生しないほうが良いと考える人もいます。 このような人はできるだけ高い額で取引をしたいと言うことから、これを25倍に設定することもあるようです。 しかし、これが賢い方法かどうかは考え方の問題です。 長期的に取引を続けるためにはリスク管理が欠かせませんから、これが、あまり高い数字で取り引きをするべきではないでしょう。 これを低めに設定しておくと言うことは、つまり損失が大きくなる前にポジションが無理やりにでも閉じられることを意味します。 そのため、損失を限定できると考えられるのです。 このようにして、契約しているプランをひっくくすることによってリスク管理を行う事もできます。 もちろんですが、自分でリスク管理ができるというのがもっとも良い方法です。 追証が発生する時間の前に損切りをするというのが良い方法だと考えられます。 fxやCFDはこういった商品の代表的なものですが、強制決済はそれ以外にもあります。 株価指数先物や商品先物、あるいはオプション取引なども設定商品ですから、同じように考えることができます。

強制決済はこれをかけて取り引きをする商品については共通して言えることだと言えるでしょう


このページの先頭へ