ヘッダー

レバレッジコースの意味を理解して把握する

fxでは、高いレバレッジをかけて取り引きをすることができます。 高いリターンを追求したいという人には適したものだと言えるでしょう。 レバレッジとは、つまり借金をして投資をするようなものです。 これには注意しておかないと、ある意味では知識があっても投資した資金以上の損失を発生させることもあります。
ただ、たいていの場合には証拠金が不足すると、それを追加するように促されます。

最初にレバレッジの意味を理解しましょう

このような証拠金を追加することを追証と呼びます。 または場面によってはマージンコールと呼ばれたり、ロスカットアラートと呼ばれたりします。 しかし、これは地域や取引業者によって異なっていますが、ほぼ同じ意味だと考えておいては特に問題はありません。 日本では仮に追証が発生したときには、指定された金額をここでは入金しなければなりません。 もしも、ここから入金できない場合にはポジションが強制的にここのタイミングで決済されます。

レバレッジは例えば、ドル円を取引していて、円安を予想してドル円ロングのポジションを持ち、その後に円高に振れてしまうと含み損が発生します。

400倍と25倍レバレッジの数字の違いは何か?

これによって実質証拠金が不足して、追証を求められることもあります。 サポートラインぎりぎりで推移していれば、その後は持ち直してドルが買われることもあり得るでしょう。
しかし、入金しなかった場合には強制的にポジションが閉じられます。
ですから、その後、予想通りに円安になったとしても、利益を得る事はできないのです。 これで悔しい思いをしたという人もいるでしょう。 ですから、fxの取り引きをするときには、レバレッジを高くしすぎないように、証拠金を多めに準備しておくのが一番良いと考えられます。 追証が発生したときに、入金するべきかそこで辞めるのかどうかと悩むと言うよりは、発生しないように心がけることが必要でしょう。 つまり、強制決済されないようなポジションを持つことが必要です。 レバレッジをかけて取り引きをするときには、やはり共通してここで言えることです。 損失が拡大する前にポジションを閉じるということを、ここでは心がけなければならないのです。

その水準をレバレッジでどこに設定するのかはそれぞれの投資スタイルによって異なると言えるでしょう。


海外と日本のレバレッジの差はどれくらいあるのか

損失が拡大する前にポジションを閉じることが必要なのです。 ここが利益を得られるかどうかのポイントとなってきますから、一概にどうすれば良いというものではありません。 例えば、あるトレーダーは損失が5%を基準にしています。
レバレッジに関係なく、投資している資金の5%の損失が発生すれば、その後の予想とは関係なくその場でポジションを全て閉じるというようにして、5%以上の損失が発生しないようにしているのです。
こうすることによって損失が拡大することはありませんし、追証が発生する事もありません。 そうなってくると一旦ポジションを閉じた後には、再びトレーディングを開始することができます。 ほかにも、直近の高値や安値を参考にすることも多いです。 直近高値を超えて上昇すると上昇トレンドにつながることが多いです。 これには直近高値を超えた段階でポジションを閉じるというようにしています。 これは直近の高値や安値を基準にして考える事は多いと言えるでしょう。 単純に直近の安値や高値ではなくて、レジスタンスラインやサポートラインをブレイクした段階でポジションを閉じるというのも良い方法だと考えられます。 このようにして、損失が拡大する前にポジションを閉じるという方法は、レバレッジをかけて短期売買をするときには非常に重要なキーであることだと考えられます。 追証が発生するという状況は、相当な損失が発生しているときでしょう。 すでに大きな損失が発生しているという状況なのですが、そうならないようなトレーディングを行う事が必要とされるのです。 発生したときには、その後の予想とは関係なく、いったんはポジションを閉じるのが良いと考えられます。

レバレッジ相場格言に「追証は最良のアドバイス」とあります


このページの先頭へ