ヘッダー

信用取引では先に口座に入金する必要性

証券会社では信用取引口座を開設すると、株式の売買が行えるようになっています。 株式の売買では、現物で株式投資を行うよりも大きな値幅を稼ぐことができるようになるという特徴があります。 そのため、これは個人投資家でも将来を踏まえて活用することによって、短期間で大きな利益を得ることが可能となっています。
しかし、信用取引の際に思惑とは逆の方向へ株価が動いてしまうと、このようなレバレッジが、かなり効いているだけに損失も大きくなるような危険性があります。

信用取引をするために必要なこと

とくにこういった建玉に大きな損失が出てしまうと、追証が発生することに繋がってきます。 しかし、これは証券会社で上手にアクションをするためには、まず委託保証金を口座に入れておく必要が出てきます。 委託保証金は、現金の他に現物の有価証券を差し出すことが可能です。 これは仮に、こういった信用取引では各証券会社によって、委託保証金から計算された委託保証金率がここではルールとして定められています。

この定められた委託保証金率を下回らない範囲での売買を行うことができる仕組みがあります。

証券取引所との信用取引の関係性

そのため、株式市場の急激な変動によって信用取引の建玉の損失が拡大したりします。 口座に差し出している現物の有価証券が値下がりをした場合には、証券会社の定めた委託保証金率を下回ってしまうトラブルや事態が起こってきます。 この時、証券会社の定めた委託保証金率の水準を回復させるためにもです。 新たに委託保証金を追加する必要がここでは出てきます。
この新たに必要となる委託保証金が追証となります。
追証というのは保証金最低維持率を下回ると発生することもあります。 しかし、これは通常は信用取引ができるようになるためには、まず委託保証金率を回復するような必要が出てきます。 追証が発生したかどうかは、証券取引所の大引けの終値から判断されるようになってきます。 そのため、ザラ場で委託保証金率を下回ることがあっても追証は発生しません。 結果として、このような大引けの結果として追証が発生した場合には、これは原則として証券会社の2営業日後までに現金を口座に入金する必要があります。 その際に追加の現金が用意できない事態になった時には、証券会社によっての建玉の反対売買が強制的に行われる運びとなります。 以上からこの方法による売買では、常に追証のリスクを抱えているということを頭に置いておいて信用取引をすることが重要となってきます。

信用取引の売買において追加の現金を差し出すなどのリスクを避けるためには、買い玉や売り玉ともに大きすぎるポジションを取らないことが大事となります


万が一の局面での信用取引を視野に入れる

株式市場では信用取引は数カ月に1回程度は、相場が暴落する局面が出てきます。
とくに近年では海外のヘッジファンドなどの比率が高まっていることから、変化率が大きくなっています。
そのため、株式市場が大きく動いても耐えられるようなポジションを常日頃から組んでおくようにしたいです。 また、この売買では長い期間の設定はできるだけ避けたいところです。 実績で長期間のポジションを持っていると、どこかで市場の乱高下に巻き込まれる可能性が高まります。 そのため、この売買ではできるだけ短期のプランを心掛けたいです。 株式の長期のポジションを持ちたい場合には現物の株式で保有するようにすれば良いのです。 このように信用取引も株式市場が荒れた時でも、ここでは安心して過ごせるようになると思います。 それでもやはりどこかしらには万が一ことを頭の片隅に置いておかなくてはいけないのは変わりません。 しかし、数日や数週間の短期の株式の変動を狙う時には、これによる売買は有効となってきます。 また、相場が下落局面になった時には現物の株式のリスクヘッジとして、この手段で売りを行うといった活用もできます。 現物の株式が下落したとしても信用取引の売りで儲けることができれば、トータルではプラスマイナスゼロにすることが実際に可能です。

信用取引による売買においては、無理をしない程度のリスクを心がけて上手にリスクコントロールをすれば、非常に便利な選択肢と方法になり得ます


このページの先頭へ